HOME サイトマップ 白山陶器株式会社 

松葉 ~MATSUBA~

■長崎デザインアワード2016 銀賞 (日本遺産認定記念)を受賞しました

お酒の容れ口と注ぎ口が別になっている「二口燗瓶(ふたくちかんびん)」は、肥前地区で古くから作られている地域特有の酒器の形状。
そのクラシックな二口燗瓶をベースに、現代の空間にも似合うモダンな酒器をデザインしました。
酒器の首の反りは持ち易く、細い注口はお酒を少量ずつ上品に注ぐ事ができ、盃は口当たりとキレを良くするため、薄手に仕上げました。
艶やかな鉄赤釉と、松葉をあしらったシンプルな染付模様が酒宴を彩ります。

発売 2016年1月31日
デザイン/白山陶器デザイン室 富永和弘

白山陶器_松葉_酒器
■酒器 <φ12.5×10cm・270ml> 鉄赤 各3,500円(税別) 
■盃 <φ7.5×3.5cm・50ml> 鉄赤 各1,200円(税別)

(2016年1月31日の時点での価格を税別で表示しております)

■製品情報のインデックスページに戻る>>>白山陶器の製品情報